日本語検定を日本人が受験する意味

スポンサードリンク

日本語検定を日本人が受ける意義とは

日本語検定を日本人が受ける意味がないという人は、日本語検定試験1級を
一発で合格出来る人でしょうか。

 

それであれば何の疑問もありませんが、通常日本語を使っている日本人こそ、
日本語の危機を招いている元凶ですから、責任を持って勉強しないといけない
対象者に他ならないのではないでしょうか。

 

言語イコール国ですから、日本語がいい加減に使われることに怒りを感じる
くらいで日本人としては正常と言えます。
同時に、間違った言葉を知ったかぶって使っている自分を第三者的に見たときに、
かなり恥ずかしいと感じるのが正常と言えますね。

 

普段日常で使われないような言葉が出題されて答えられないのは教養として
不足かもしれませんが、確実に社会でいま使われているような言葉を間違って
しまうのは、あまりにも言語力不足です。

 

仕事をしようとした時、組織が仕事を誰かに任せようとしたとき、相手に向かって
きちんと日本語を話せるかどうか不安な人を選ぶ
わけはありませんね。
それだけでもチャンスを逃すことになります。

 

確かに日本語検定を受けなくても、日本語がきちんと使えれば問題ないと思います。
でもそういう能力を持っているということを、手早く第三者に理解してもらうには
資格はとても有効に働きます。

 

そもそも資格というのはそうしたものですし、若い年齢層が考えているよりももっと
ずっと組織の管理者は日本語を使う能力に重きを置いていることを知っておいたほうが
いいでしょう。

スポンサードリンク

日本語検定を日本人が受けるメリット関連ページ

就職や企業評価
日本語検定資格の評価は高まっており新入社員研修で800社以上採用されている傾向にあります。
合格のメリット
日本語検定に合格のメリットなどについて説明している情報ナビです。近年は企業評価も高まってきています。
社会人
日本語検定は社会人になってからでも受験される方も大勢います。自身の総合的なスキルアップにはとても役立つ資格です。この機会にご検討されてはいかがでしょうか。
実用性
日本語検定の実用性とはどんなものでしょうか。最近では日本語検定を取り入れる学校や会社も増えてきています。正しい日本語を身につけることも大切ですね。
社員研修
日本語検定を社員研修に導入している企業が増え、800社以上の研修が延べ行われています。 研修の締めくくりに試験を受けるという流れで、手元に評価が形となって残ります。
資格を履歴書に記載
日本語検定資格は、何級からでも履歴書に書いて良いものです。 履歴書に記載する情報は正式名称である必要がありますので、書き方は資格欄に正式名称をきちんと書いて、合格日や主催なども書くのが正解です。