日本語検定 合格メリット

スポンサードリンク

試験合格の利点について

日本語検定は日本語の運用能力を測る検定試験です。

 

主な受検対象者は日本人です。
この日本語検定に合格した場合のメリットとはどのようなもの
なのでしょうか。

 

日本語検定は「語彙」「文法(言葉のきまり)」「言葉の意味」「漢字」
「敬語」「表記」の6領域から幅広く出題されます。

 

日本語検定の合格認定を得るためには、合計点の他に6領域すべてが
合格基準を満たす必要があります。

 

1領域でも合格基準に満たなければ、不合格になります。
合格するためには、総合的で高い日本語能力が求められます。

 

日本語検定は合否に関係なく、受検者には個人カルテが作成されます。
個人カルテには各問題の正誤と領域別の得点率等が記載されます。

 

これにより受検者が得意とする領域、不得意とする領域がわかるので、
自分自身の日本語能力を見直すことができます。

 

また日本語検定の試験の問題は、各級受検者の世代や社会生活
場面に即した問題が多く出題されるように作成されています。

 

例えば、社会人が最も多く受検する2級検定は、
ビジネスシーンにおける敬語の用法などが問題として出題されます。

 

そのため近年では企業での新人研修をはじめとした、
各種研修の一環として実施する企業が増えています。

 

また合格者は一定の日本語能力があると認められるため、
学校の入試等で優遇される場合があります。

 

日本語能力試験に合格した外国人が日本人と同じレベルの日本語力を
有していることを証明するために日本語検定を受検する傾向にあります。

 

日本語検定が他の日本語の検定試験よりも、
総合的な日本語の運用能力が必要であることがわかります。

 

日本語検定は純粋な学力向上の他に、対人関係やビジネスシーンでも
有利になります。

 

これから社会的に合格者のメリットが増す資格試験です。

スポンサードリンク

合格のメリット関連ページ

就職や企業評価
日本語検定資格の評価は高まっており新入社員研修で800社以上採用されている傾向にあります。
日本人が受ける意味
日本語検定試験を日本人自身が受験する意味合いなどについて解説しています。正しい日本語を日本人全体が知識として身につけることも必要なのかも知れません。
社会人
日本語検定は社会人になってからでも受験される方も大勢います。自身の総合的なスキルアップにはとても役立つ資格です。この機会にご検討されてはいかがでしょうか。
実用性
日本語検定の実用性とはどんなものでしょうか。最近では日本語検定を取り入れる学校や会社も増えてきています。正しい日本語を身につけることも大切ですね。
社員研修
日本語検定を社員研修に導入している企業が増え、800社以上の研修が延べ行われています。 研修の締めくくりに試験を受けるという流れで、手元に評価が形となって残ります。
資格を履歴書に記載
日本語検定資格は、何級からでも履歴書に書いて良いものです。 履歴書に記載する情報は正式名称である必要がありますので、書き方は資格欄に正式名称をきちんと書いて、合格日や主催なども書くのが正解です。