日本語検定の企業評価、メリットとは

日本語検定 企業評価やメリットなど

日本語検定の企業評価やメリットなどについて詳しく解説しています。
日本語検定資格を取得される方は参考にしてください。

日本語検定の企業評価やメリットなど記事一覧

就職や企業評価

日本語検定は、2007年から始まった比較的新しい検定試験ですので、あまり深く知られていない側面もあるかもしれません。但し、日本企業において求められるのは日本語検定2級レベルに該当すると言われており、資格の有無に関わらず、日本語の使い方には高いレベルが求められているのは確かです。2級の合格基準は正解率...

≫続きを読む

合格のメリット

日本語検定は日本語の運用能力を測る検定試験です。主な受検対象者は日本人です。この日本語検定に合格した場合のメリットとはどのようなものなのでしょうか。日本語検定は「語彙」「文法(言葉のきまり)」「言葉の意味」「漢字」「敬語」「表記」の6領域から幅広く出題されます。日本語検定の合格認定を得るためには、合...

≫続きを読む

日本語検定を日本人が受けるメリット

日本語検定を日本人が受ける意味がないという人は、日本語検定試験1級を一発で合格出来る人でしょうか。それであれば何の疑問もありませんが、通常日本語を使っている日本人こそ、日本語の危機を招いている元凶ですから、責任を持って勉強しないといけない対象者に他ならないのではないでしょうか。言語イコール国ですから...

≫続きを読む

日本語検定は社会人でも多く受験されている理由

社会人になるために、日本語検定を受けるべく頑張って勉強している人たちはたくさんいます。日本語を使うすべての人が対象となる日本語検定。総合的な学力をアップするためにも、社会に出て活躍するためにも、非常に大きくプラスになる検定と言えます。特に社会人として身に付けたい部分と言えば、日本独自の文化である「敬...

≫続きを読む

日本語検定の実用性はどれくらいなのか?

日本語検定は、日本語を使うすべての人が対象となる試験です。「日本人なんだから日本語は出来て当たり前」「別に通じるんだからいいじゃないか」、そんな風に思っていませんか?日本人が日本人として文化を守って行くためには、日本語は絶対に必要不可欠なものです。それがいつの間にかどんどん失われてしまっている・・・...

≫続きを読む

日本語検定を社員研修に取り入れる企業は近年増加傾向

日本語検定を社員研修に導入している企業が増えてきました。どんな仕事をしようと、どんな職種であろうと、日本語は日本の仕事では基本中の基本です。例え職場が英語オンリーの企業であっても、日本にある会社で日本で活動をしているのであれば、余計にちゃんと日本語が使えることが必須となるでしょう。正しい日本語もろく...

≫続きを読む

日本語検定の資格を履歴書に記載する時の書き方とは

日本語検定に合格したら、自信を持って履歴書に書きたいですね。日本語検定の資格について、履歴書に書いてもいいものかどうか迷う人がいるようですが、もちろん何級からでも書いて良いものです。書き方は、資格欄に正式名称をきちんと書くのが正解。履歴書は書く時に緊張するものですが、正しい記載方法について勉強してお...

≫続きを読む