日本語検定で1級資格者は高く評価されます

スポンサードリンク

日本語検定で1級の語学力とは

日本語検定は、日本語検定委員会が運営する、日本語を使う人による日本語の
ための日本語検定試験です。

 

もちろん、日本人でも対象ですし、日本語のネイティブでなくても対象です。
いかに日本語を正しく知っているか、正しく使えるかの試験ですので、その
出題範囲も敬語、文法、語彙、言葉の意味、表記、漢字という6つの分野に
渡る広い知識を求められます。

 

そんな日本語検定の最上位である1級ですから、日本語の語学力としては高い
総合力を持っていると言えます。

 

最近では新入社員研修などでも非常にたくさん採用されている検定試験ですが
確かに日本語検定で高い総合力を持っているとすれば、社内でも社外でも安心
して仕事に出せるということになります。

 

会社などビジネスで評価出来る日本語を使えると判断されるのは、最低でも
2級以上
としている会社がほとんどです。

 

この検定資格を持っているから給料があがるとか、資格待遇があるといった
具体的な評価でなくても、安心して仕事を任せられるという信頼を勝ち取る
のがどれだけ難しいかを考えれば、語学力の高さの重要性がわかると思います。

 

ちなみに、日本人は対象外で、ネイティブではない外国人だけが受けられる
検定試験も他にありますが、そちらは日本語で会話が出来るというレベルから
始まりますので、難しさで言えば日本語検定試験よりもずっとハードルが低く
なっています。

 

意志の疎通が出来るレベルと、日本語の総合力を求めるレベルはまったく別も
のになるのは当然ですね。

スポンサードリンク

日本語検定で1級の語学力関連ページ

ビジネス日本語検定
日本語検定でのビジネス日本語検定や各級についての解説になります。
日本語検定2級
日本語検定2級のレベルは大学生レベル以上となり ビジネスシーンも出題されており企業評価もされる級になります。
口コミ
日本語検定の口コミの現状では日本語検定は日本人に多くは必要がないと感じている方も多くいらっしゃいます。しかし、自分の日本語のレベルを知ることも必要かもしれません。
キャンセル
日本語検定でどうしても試験の当日に都合が悪くなり試験が受けられない場合のキャンセルなどは原則受験料は返金しないとなっています。一部の団体では返金に応じている場合もあるよです。
日本語検定のレベル
日本語検定のレベルなどについて詳しく解説しています。最近は一般企業や大学でも日本語検定は取り入れられています。
パソコンを利用
日本語検定は、公式サイトでパソコンを使って効率的に勉強出来る工夫もたくさんありますし、日本語をより楽しみながら正しく習得するためのコンテンツにチカラを入れています。