日本語検定の一般的なレベル

スポンサードリンク

日本語検定 レベル

日本語検定には1級から7級までのレベルがあります。
それぞれのレベルは以下の通りです。

 

7級 小学校2年生修了程度のレベル
6級 小学校4年生修了程度のレベル
5級 小学校卒業程度のレベル
4級 中学校卒業程度のレベル
3級 高校卒業程度のレベル
2級 大学卒業程度のレベル
1級 社会人程度のレベル

 

一般の企業や大学でも教育の一貫として日本語検定は採り入れられています
が、ビジネスの現場で求められるレベルは2級以上と言われています。
就職活動に役立てたいのであれば、最低でも2級獲得は目指したいですね。

 

日本人で日本語を使って生活しているのだから出来て当然でしょう?と思いが
ちですが、実際に問題を問いてみると、まったく使ったことの無い言葉が出て
きたり、使い方や意味を完全に取り違えていたりすることに気付かされます。
うまれつき日本で生活してきて、日本語しか使ってこなかったのに、これほど
知らないことがあるのかと驚くことでしょう。

 

事実、平成25年の日本語検定の結果を見ると、大学生と社会人の受験者数が
全体の3割を超えるにも関わらず、2級と1級の合格者数はわずか1割を超える程度です。
それだけ身についていない分野が存在するということなのです。

 

もちろん、日本人が使っている日本語ですから、通じないことはありません。
でも日本語検定は、ただ通じれば良い日本語のレベルを求めるものではありま
せん。
いかに正しく、いかに豊かな表現をもって日本語を使えるかという文化レベル
を現していますので、海外に誇れる日本語を使える日本人の証として、是非
挑戦したい試験ですね。

 

スポンサードリンク

日本語検定のレベルにあった受験関連ページ

ビジネス日本語検定
日本語検定でのビジネス日本語検定や各級についての解説になります。
日本語検定2級
日本語検定2級のレベルは大学生レベル以上となり ビジネスシーンも出題されており企業評価もされる級になります。
口コミ
日本語検定の口コミの現状では日本語検定は日本人に多くは必要がないと感じている方も多くいらっしゃいます。しかし、自分の日本語のレベルを知ることも必要かもしれません。
1級の語学力
日本語検定で1級の語学力とは日本語の語学力としては最高の総合力があると言えます。有資格者は企業評価も当然高いものがあります。
キャンセル
日本語検定でどうしても試験の当日に都合が悪くなり試験が受けられない場合のキャンセルなどは原則受験料は返金しないとなっています。一部の団体では返金に応じている場合もあるよです。
パソコンを利用
日本語検定は、公式サイトでパソコンを使って効率的に勉強出来る工夫もたくさんありますし、日本語をより楽しみながら正しく習得するためのコンテンツにチカラを入れています。