日本語検定の勉強のやり方

スポンサードリンク

勉強方法などについて

日本語検定は総合的な日本語の運用能力を測るため
「敬語」「文法(言葉のきまり)」「表記」「語彙」「言葉の意味」
「漢字」の6領域から幅広く問題が出題されます。

 

合格するためには、総合得点の他に6領域すべてが合格基準を
満たさなければいけません。

 

また問題数の割に試験時間が1時間と短く、事前の勉強が必要です。
日本語検定の勉強法とはどのようなものでしょうか。

 

「敬語」は日本語検定で確実に得点を稼がなければならない領域です。
敬語は尊敬語、謙譲語、丁寧語の三種類です。

 

「見る」を「ご覧になる」という尊敬語への言い換え、
もしくは謙譲語への言い換え問題が出題されます。

 

「諸賢」という単語そのものに尊敬の意味が含まれるものが出題されます。
尊敬の領域は、例外的な問題は出題されません。

 

「れる・られる」のような尊敬の助動詞、敬語の定型文、単語の
暗記をすればよいでしょう。

 

「文法」は動詞の活用である、五段活用、上一段活用、
下一段活用、か行変格活用、さ行変格活用の5種類の活用法を覚えましょう。

 

また「ら抜き言葉」や「さ入れ言葉」が出題されます。
動詞の活用を勉強し、普段から読書をするのが文法の領域のよい勉強法です。

 

「表記」は、送り仮名、同音異義語、仮名遣いが出題されます。
特に同音異義語は間違いやすいパターンがあるので勉強しやすいです。

 

例えば「山に登る」「太陽が昇る」「階段を上る」等です。
仮名遣いは「お・う」「じ・ぢ」「ず・づ」「は・わ」の使い分けが出題されます。
送り仮名や仮名遣いはパターンを暗記すれば、解答できる問題です。

 

「語彙」「言葉の意味」「漢字」は関連性の高い領域です。
過去問題集を解き地道に知識を蓄積していくしかありません。
手書きで文章を書くことを心がけるのもよいかもしれません。

 

すべての領域が関連付けて勉強できるので、過去問題集を解き、わからない言葉が
あれば辞書で確認しておきましょう。

 

受検結果には、設問ごとの正否と苦手な領域がわかる個人カルテが送られてきます。
学力向上のために受検しても損にはならない検定試験です。

スポンサードリンク

日本語検定の勉強方法関連ページ

おすすめテキスト
日本語検定を受検される方への情報ナビです。当サイトの情報で試験準備をしてください。おすすめのテキスト説明になります。
1級の合格を目指す方法
日本語検定1級の合格を目指す方法について解説をしています。合格率は約20%程度で資格の中でも難しい部類になります。
日本語検定の通信講座
日本語検定の通信講座とはどんなものなか解説しています。日本語検定委員会が認定する通信講座を利用すれば合格への近道かもしれません。
通信講座
日本語検定で資格取得の為に通信講座を受講する場合の情報サイトです。通信講座を利用して効率的に資格の勉強が出来るのも魅力があります。
公式テキスト
日本語公式テキストは暫くは発売されていませんでした。この度、公式テキストが発売されています。 検定試験を受けられる方はしっかりとこれで対策ができます。
教 材
日本語検定試の勉強に向けてどんな教材を選ぶのがよいのか、そして勉強方法などについて解説しています。
eラーニング
日本語検定の勉強をeラーニングを活用して社内研修や新入社員に向けての日本語トレーニングとして活用されている場面も多くなってきています。
資料請求の申し込み
日本語検定で資料請求する方法は公式サイトで申し込めますし、他にも日本語検定委員会は隔月でメールマガジンを配信しているなどのサービスを上手に利用してみましょう。
ユーキャン
日本語検定の資格を取得してみたいかにはユーキャンのカリキュラムを活用して合格を目指していくことも出来ます。着実にステップアップしたい方にはおすすめです。