日本語検定で資料請求の方法

スポンサードリンク

日本語検定で資料請求を申し込む方法

日本語検定資料請求をする場合には、インターネットの日本語検定の公式サ イトへ行って、右上のボタンから資料請求のページへ飛んでください。

 

最初に注意があり、日本語能力試験との混同がないように書かれていますので
間違いのないようにしましょう。
日本語検定は、日本語を使うすべての人を対象とした検定試験ですので、
日本人もたくさん受験していますし、その内容は非常に高度になっています。

 

日本語のネイティブであっても正しい日本語を使えているとは限りません。
日本語をきちんとした形で次世代へ橋渡しするための検定試験ですから、
日本語をきちんと使える人間であるという証明を得るためにも是非挑戦したいですね。

 

もちろん、外国籍の人でも受験することが可能ですし、実際に日本語のネイ
ティブよりも優秀なランクを合格している外国籍の方もたくさんいらっしゃいます。
勉強熱心な方には本当に頭が下がりますね。

 

最初に個人情報の取り扱いについての同意をしてから、資料の送り先を入力
するページへ飛びますので、そこで必要事項を入力してください。
団体の場合は団体名を入力する項目もあります。
問い合わせについても同じページから行えますので、資料請求で不明の点は確
認出来ます。

 

資料の他にも日本語検定委員会は隔月でメールマガジンなども配信しているので、
情報を得るには便利ですね。

 

日本語検定についての情報以外にも読み物も配信されるので、日本語を楽しむ
目線でも登録しておくと良いかもしれません。
登録は誰でも可能です。

 

スポンサードリンク

日本語検定で資料請求を申し込む関連ページ

勉強法
日本語検定の勉強方法などについて説明している情報ナビです。勉強方法は各自違いがあると思いますが参考にしてください。
おすすめテキスト
日本語検定を受検される方への情報ナビです。当サイトの情報で試験準備をしてください。おすすめのテキスト説明になります。
1級の合格を目指す方法
日本語検定1級の合格を目指す方法について解説をしています。合格率は約20%程度で資格の中でも難しい部類になります。
日本語検定の通信講座
日本語検定の通信講座とはどんなものなか解説しています。日本語検定委員会が認定する通信講座を利用すれば合格への近道かもしれません。
通信講座
日本語検定で資格取得の為に通信講座を受講する場合の情報サイトです。通信講座を利用して効率的に資格の勉強が出来るのも魅力があります。
公式テキスト
日本語公式テキストは暫くは発売されていませんでした。この度、公式テキストが発売されています。 検定試験を受けられる方はしっかりとこれで対策ができます。
教 材
日本語検定試の勉強に向けてどんな教材を選ぶのがよいのか、そして勉強方法などについて解説しています。
eラーニング
日本語検定の勉強をeラーニングを活用して社内研修や新入社員に向けての日本語トレーニングとして活用されている場面も多くなってきています。
ユーキャン
日本語検定の資格を取得してみたいかにはユーキャンのカリキュラムを活用して合格を目指していくことも出来ます。着実にステップアップしたい方にはおすすめです。