日本語検定の日程

スポンサードリンク

日本語検定の試験は年2回!!

日本語検定はどのような日程で開催されている
のでしょうか。

 

 

日本語検定は年に2回、6月と11月
開催されます。

 

 

検定試験日から約3ヶ月前に申し込みが
開始されます。

 

 

申し込み方法はンターネット、書店や商工会議所、
郵送の3方法があります。

 

 

インターネットでの申し込み場合は、日本語検定
のホームページから申し込むことができます。

 

 

必要事項を記入し、クレジットカードかコンビニ
決済で受検料を支払ってください。

 

 

書店や商工会議所で申し込む場合は、書店や
商工会議所で願書を入手してください。

 

 

願書に必要事項を記入し、書店・商工会議所へ
受検料を支払ってください。

 

この際、書店払込証書を受け取ってください。

 

 

 

 

郵送で申し込む場合は、日本語検定のホームページ
から日本語検定願書をダウンロードしてください。

 

 

郵便振替および銀行振込で受検料を支払い、
受領書を受け取ってください。

 

 

受領書と願書、受験票送付用の62円切手を同封し、
日本語検定委員会事務局へ郵送してください。

 

 

検定試験日の1週間前に受験票が送付されます。

 

 

受験票が届きましたら、受験票に記載の誤りがないか
確認してください。

 

 

また2級以上を受検する場合、受験票に顔写真を
貼付けてください。

 

 

1週間前になっても受験票が届かない場合は、日本語
検定委員会事務局へ問い合わせてください。

 

 

試験時間

 

7級から4級まで50分です。
3級から1級までが60分です。

 

 

1級以外はすべて併願が可能です。

 

 

1級を受検する際は、準1級もしくは2級以上認定が
条件となっています。

 

 

検定実施日の数日後に日本語検定のホームページ
にて解答速報が掲載されます。

 

 

試験日から約1ヶ月後に、日本語検定のホームページ
に合否速報が掲載されます。

 

 

そして試験日から1ヶ月に合格者には認定証が届きます。

 

 

合否に関係なく個人カルテが同送されてきます。

 

 

年に2回だけ開催される日本語検定。

 

 

学力向上、ビジネスマナー向上の手段として、
受検してみてはいかがでしょうか。

 

 

日本語検定の公式ホームページ

スポンサードリンク

日本語検定の試験日程で事前に準備しておく!!関連ページ

試験内容
日本語検定試験の内容は6領域より広く出題されています。言葉の意味や漢字など多岐に渡ります。
級による違い
日本語検定の級による違いは合格点や小学校、中学校などレベルの問題内容で少しずつ異なっています。
試験の合格率
日本語検定の合格率について解説しています。受験の際の参考にしてください。
日本語検定の難易度
日本語検定試験の難易度について説明しています。資格取得の参考にしてください。
団体受検のお申し込み
日本語検定の団体受検のお申し込みについての説明になります。
受験者数・合格者数
日本語検定の年度別、受験者数や合格者数など詳しく一覧にしています。試験準備の参考にしてください。
日本語検定3級
日本語検定試験の3級について試験のレベルや受験に向けての準備など解説しています。
コンビニ決済
日本語検定試験の受験料はコンビニで決済が出来ますのでとても便利になりました。そのほかにもクレジットカードの決済も可能になっています。
2016年度の日程
日本語検定試験の2016年度の第一回日程は、一般会場が平成28年6月18日(土曜日)、準会場が平成28年6月17日(金曜日)と6月18日(土曜日)の2日間になっています。