日本語検定受験料を科クレジットカードで支払う

スポンサードリンク

日本語検定の受験料の便利な支払い方法とは

日本語検定の受験料は、コンビニ決済も可能です。

 

その他にもクレジットカード決済、ペイジーなどがあり、それぞれクレジット
カードは注文時の即時確定、コンビニ決済とペイジーは10日以内
となっています。
(日本語検定公式サイトより)

 

ちなみにペイジーというのは、各種支払いを自宅のパソコンやスマート
フォン、ATMから支払えるサービスのことです。
公共料金の支払いに使用している人もいるかもしれませんね。

 

受験料は下記の通りになっています。

 

一番難しいレベル1級が6,000円
2級が5,000円
3級が3,500円
4級が2,000円
5級が1,500円
6級が1,500円
7級が1,400円

 

併願受験も可能ですが、バカに出来ないお金ですから、あまりいい加減に選ん
だり組み合わせたりするのではなく、しっかり勉強して1発で目標の級を合格
するというくらいの気概がないともったいないですね。

 

企業でも査定に考慮するところが出てきていますし、企業の教育の一環で試験
を導入しているところもあります。

 

1級が社会人レベル、2級が大学卒業レベルですから、大卒で企業に就職したな
ら、本来なら2級はスムーズに合格しなければいけないレベルです。
実際に評価されるのは2級以上と言われていますので、まずは2級合格、そして
そのまま1級合格となるようしっかり勉強してください。

 

日本語検定試験も近年始まった試験にしてはすでに通算15回を迎えようとして
います。

 

日本語のネイティブとして負けられない戦いですね。

スポンサードリンク

日本語検定試験の支払いはコンビニ決済が便利関連ページ

試験日程
日本語検定試験の日程は年2回で6月と11月に開催されています。試験申し込み方法も詳しく解説しています。
試験内容
日本語検定試験の内容は6領域より広く出題されています。言葉の意味や漢字など多岐に渡ります。
級による違い
日本語検定の級による違いは合格点や小学校、中学校などレベルの問題内容で少しずつ異なっています。
試験の合格率
日本語検定の合格率について解説しています。受験の際の参考にしてください。
日本語検定の難易度
日本語検定試験の難易度について説明しています。資格取得の参考にしてください。
団体受検のお申し込み
日本語検定の団体受検のお申し込みについての説明になります。
受験者数・合格者数
日本語検定の年度別、受験者数や合格者数など詳しく一覧にしています。試験準備の参考にしてください。
日本語検定3級
日本語検定試験の3級について試験のレベルや受験に向けての準備など解説しています。
2016年度の日程
日本語検定試験の2016年度の第一回日程は、一般会場が平成28年6月18日(土曜日)、準会場が平成28年6月17日(金曜日)と6月18日(土曜日)の2日間になっています。