日本語検定の試験や日程、合格

日本語検定試験の日程・合格率

日本語検定における試験日程、試験内容、級別の違いなど
について具体的に解説しております。
当サイトを参考にされて合格に向けての準備をして下さい。

日本語検定の試験と日程、合格率記事一覧

日本語検定の試験日程で事前に準備しておく!!

日本語検定はどのような日程で開催されているのでしょうか。日本語検定は年に2回、6月と11月に開催されます。検定試験日から約3ヶ月前に申し込みが開始されます。申し込み方法はンターネット、書店や商工会議所、郵送の3方法があります。インターネットでの申し込み場合は、日本語検定のホームページから申し込むこと...

≫続きを読む

日本語検定の試験内容を事前に予測する!!

日本語検定は日本語の総合的運用力を測定する検定です。総合的な能力を測るための検定内容とはどのようなものなのでしょうか。日本語検定の試験は6領域から幅広く問題が出題されます。6領域とは「語彙」「文法(言葉のきまり)」「言葉の意味」「漢字」「敬語」「表記」です。この6領域すべてが合格基準を満たさなければ...

≫続きを読む

日本語検定は級に寄っての違いとは

日本語検定とは、日本語の総合的な運用能力を測定する検定試験です。日本語を使うすべての人が対象です。初級である7級から最高級である1級まで分かれています。1級は、2級以上の認定が受検条件となります。また各級には得点率により「準認定」があります。日本語検定は級により、レベルがどのような違いがあるのでしょ...

≫続きを読む

試験の合格率

日本語検定は、1級から7級まであります。平成24年度第1回(通算第11回)日本語検定の結果が日本語検定の公式ホームページに掲載されていますので、各級の合格率を調べてみましょう。受験者総数は以下の通りです。合計41,038人1級  474人2級 4,180人3級 14,135人4級 10,958人5級...

≫続きを読む

日本語検定の難易度とは

日本語検定は、1級から7級まであります。それぞれの各級のレベルは以下の通りになります。・1級 社会人レベル・2級 社会人・大学生レベル・3級 社会人・大学生・高校生レベル・4級 高校生・中学生レベル・5級 中学生・小学校高学年レベル・6級 小学校 中・高学年レベル・7級 小学校 低・中学年レベル平成...

≫続きを読む

団体受検のお申し込み

日本語検定は、個人受験の他に団体受験があり、団体は10名以上がまとまって受験する際に適用されます。団体受験にはメリットがあります。まず団体割引が適用され、学校や企業などで受験することも出来ます。団体成績表も交付されますので、企業や学校としての成績も残せますね。公式ホームページにはまだ平成24年度用の...

≫続きを読む

検定の年度別、受験者数や合格者数

日本語検定の過去年度別受験者数や合格率は以下の通りです。平成19年 第1回 ※初年度受験者総数:20,104名合格率:2級    30%2級準認定 24%3級    35%3級準認定 23%4級    38%4級準認定 22%5級    47%5級準認定 19%6級    65%平成19年 第2回受...

≫続きを読む

日本語検定の3級に挑戦する

日本語検定の年内第2回の試験は11月ですので、夏も過ぎるころには試験に向けて動き出す人も多いでしょう。日本語検定3級はレベルとしては中級Tに分類されていて、高校生以上の能力を問われますので、まずはここから受検を始める人も多い級になります。3級は2級との併願や4級との併願も可能ですので、一度の日程で両...

≫続きを読む

日本語検定試験の支払いはコンビニ決済が便利

日本語検定の受験料は、コンビニ決済も可能です。その他にもクレジットカード決済、ペイジーなどがあり、それぞれクレジットカードは注文時の即時確定、コンビニ決済とペイジーは10日以内となっています。(日本語検定公式サイトより)ちなみにペイジーというのは、各種支払いを自宅のパソコンやスマートフォン、ATMか...

≫続きを読む

日本語検定試験の2016年度の日程について

文部科学省後援事業である日本語検定試験の2016年度の日程は、第一回は平成28年6月18日(土曜日)が一般会場、準会場が平成28年6月17日(金曜日)と6月18日(土曜日)の2日間になっています。申し込み期間は3月1日(火曜日)から開始で、5月20日(金曜日)が最終日となります。受験を希望される方は...

≫続きを読む